プロテインダイエットでトレーニングをしたら5キロ痩せた!運動はどれくらいすればいい?

ダイエットのため、1日3食のうち、1食、または2食をプロテインシェイクに置き換えて、摂取カロリーを制限します。私はこの方法で、大学時代に3ヶ月で5キロ痩せることができました。置き換えダイエットは、空腹感や物足りなさをどう乗り越えるかがポイントです。朝はそもそも出勤や通学などで時間がないので、食事の物足りなさは感じる暇もなくて良いのですが、昼、夜を置き換えた時には、物足りなさと空腹感は否めません。果物や、ガム、もずくパックなどを常備して、空腹を満たす、それから、予定を入れて忙しくすることで空腹感聞き間違いがないように気をつけていました。空腹にうまく対応できたことがうまく痩せることができた要因だったと思います。

プロテインを取ることで健康的に、少しの我慢で痩せられる

食事を1,2食プロテインシェイクに置き換えるダイエットは、タンパク質を取りながらのダイエットなので、体への負荷が少ないところがメリットです。また、私はプロテインに置き換えて空腹をどうにかするために、野菜や海藻、果物などを摂取したので、ダイエット期間中の栄養の不足に陥らずに済んだと思います。疲労感や、ダイエットで皮膚がたるんだりするようなことは私の場合はありませんでした。ダイエットによる弊害、例えば疲労感だったり、イライラだったり、皮膚のたるみなどは、タンパク質などの栄養が足りないことで助長されますが、このやり方であれば、体への負担や悪影響を抑えながら、体重を徐々に落とすことができると思います。ダイエットをする上で、不健康になったら、不機嫌になったりするのは避けたいので、理にかなったやり方だと思います。

ダイエット中も栄養とり、空腹を我慢しすぎない工夫が大事!

食事を1,2食プロテインシェイクに置き換えるダイエットは体にも心にも負荷が少ないのが時間をかけて痩せることにつながったと思います。タンパク質を取りながらのダイエットは体へ栄養素をとりながらなので、体への負荷が少ないです。さらに、私は置き換えによる空腹をどうにかするために、野菜や海藻、果物などを適宜、摂取していたので、栄養のバランスもむしろ良くなったと思います。栄養バランスがよければ、疲労感も起きにくいので、長く続けやすいです。また、急激なダイエットで皮膚がたるんだりするようなことにもつながりにくいです。 疲労感やイライラ、皮膚のたるみなどのダイエットによる弊害は、タンパク質などの栄養素が足りないことから起きる問題だと思いますが、このダイエット方だったからこそ、体への負担や悪影響を抑えつつ健康的に体重を徐々に落とすことができたと思います。

快適に長く続けられる工夫が大事!

ダイエット成功のポイントは、続けられるダイエットかどうかだと思います。栄養バランスが取れること、不機嫌、不健康にならないこと、が何より大事だと思います。ダイエットしてきれいになりたい、少しでも良くなりたい、という気持ちがあると思いますが、続けられないダイエットでは、その目的は達成できないと思います。食事を1,2食プロテインシェイクに置き換えるダイエットは体にも心にも負荷が少ないのが続けられる秘訣です。続けられるということは、少しずつの効果を積み重ねることになりますから、結実なやり方です。プロテインシェイクでのタンパク質摂取なら、面倒なことはありませんし、空腹への対処さえ、自分なりに攻略すればどうにか続けられるはずです。私は野菜や海藻、果物などを適宜、空腹時に摂取していたのですが、自分なりのルールや好きなもので(カロリーは意識して)、長く続けられる方法を見つけるのがいいと思います。